ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

各社ウォーターサーバーのサイズ一覧

ウォーターサーバーを設置する場所が限定されている場合、事前にサイズを確認しておかないと、いざ届いたけど置けないという事になってしまいますので予め確認しておきましょう

このページでは各ウォターサーバーの据え置き型・卓上型のサイズを掲載しています。

各ウォーターサーバーのサイズ一覧


据え置き型 卓上型 詳細
横幅 奥行 高さ 横幅 奥行 高さ
アルピナウォーター 310mm 360mm 1180mm - - -
ハワイウォーター 300mm 310mm 1360mm - - -
DMM.水 308mm 315mm 1190mm - - -
恵ウォーター 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
ワンウェイウォーター 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
コスモウォーター 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
ドリームウォーター 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
アクアセレクト 320mm 320mm 945mm 320mm 320mm 515mm
オアシス 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
オーケンウォーター 300mm 300mm 1020mm 300mm 300mm 540mm
クリクラ 305mm 350mm 990mm 270mm 460mm 510mm
クリティア 340mm 335mm 1080mm 340mm 335mm 560mm
おいしい水の宅配便 300mm 310mm 1225mm 300mm 310mm 584mm
アクアクララ 276mm 311mm 1242mm 290mm 400mm 735mm

選べるラインナップ

ウォーターサーバーを利用する場合、床置きできるタイプと卓上設置などに便利な卓上タイプのサーバーがあります。

ほとんどの業者で、2タイプ用意されていますが、アルピナウォーターハワイウォーターDMM.水 については、現状「床置き型のサーバー」しか取り扱っていません。

どこのサーバーにするか決める際には、コストや使い勝手はもちろんどこに設置するか、そのスペースに合うサーバーがあるかも考えて検討しましょう。

設置場所のスペースに余裕がないという方には、ボディのサイズが従来のものよりスリムになって、お部屋のわずかなスペースに有効に使えるサーバーがあります。

また、キッチンの流しのすぐ横に置ける卓上型のサーバーもとても便利です。お料理の際にとても重宝しますね。このように、省スペースでも邪魔にならないサイズのサーバーが登場しているので、設置場所に合わせてきれいでおいしいお水を安心して飲む事ができます。

ボトルの容量もチェック!

ウォーターサーバーの設置場所が決まったら、合わせて考えたおきたいのがサーバーのボトルです。

ウォーターサーバーのボトルには、ガロンボトルという回収ボトルと、ワンウェイボトルという使い捨てボトル、大きく分けて2種類あります。

一般的な家庭用ウォーターサーバーのボトル容量は、主に12リットルタイプが標準です。メーカーによって、1ボトルあたり8L~18Lあたり1本として用意されています。

業務用では、20リットルの大容量タイプのボトルを使用している会社もあります。12Lくらいの容量なら、女性でも取り替えるのには問題ありませんが、20Lとなると一人でこなすのは重すぎて少々大変です。

ウォーターサーバーを使いはじめると分かると思いますが、一般家庭の場合お料理・飲料水に使っているととけっこうあっという間にボトルがなくなってしまいます。

ボトルが重いと持ち運びが大変なので、ボトルの容量もチェックして使い勝手の良いウォーターサーバーを選ぶようにしてください。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて