ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

海外の美味しくて安全な水

 

安心して飲める水を飲むためには、まず殺菌しなければなりません。殺菌にも二種類あり、加熱殺菌と非加熱殺菌があります。加熱殺菌は文字通り水を加熱し、ばい菌を取り除きます。普段の生活でもお湯を沸かしたりする際によくやってしまうことですが、この加熱という作業によって水の本当の美味しさは損なわれてしまいます。水に含まれる酸素や炭酸ガスなどは失われ、本来の美味しさを感じることが出来なくなってしまうのです。

加熱殺菌は非常に低コストでできますし、日本の一部を除くほとんどの企業で行われていますが、水の本当の美味しさを求めている方には加熱殺菌された水は不向きかも知れません。

 

安全かつ美味しい水

先ほどは、加熱による殺菌によって本来の水の美味しさが損なわれてしまうという話をしました。ではどうすれば美味しい水を飲むことができるのかと言えば、加熱されずに殺菌作業を施された「非加熱殺菌の水」を飲めば良いのです。非加熱殺菌は紫外線照射やオゾン処理を用いた特殊な殺菌方法を用いるので、水を加熱することなく殺菌することが可能です。

日本では専用の施設の開発があまり進んでおらず、海外からの輸入の割合が高いですが、非加熱殺菌ならば鮮度も失われないので、日本で典型的な加熱殺菌された水よりもより天然水に近い形で飲むことができます。また品質劣化を防ぐこともできるのでお勧めです。

 

海外の水

ウォーターサーバーがあれば海外で有名な非加熱殺菌の水を自宅で簡単に飲むことができます。海外の水は日本と比べ硬度が高いと言われていますが、「ハワイウォーター」などの海外の水は硬度が非常に低く、日本人の口にも合いますし、また赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。溶解率も非常に高く、粉ミルクの養分を残さず溶かすこともできます。温水や冷水にも対応しており、5℃~90℃までは対応することができます。

日本にも「クリティア」など、数は少ないですが非加熱殺菌のウォーターサーバーもあります。在庫などは持たずに採りたての水を提供してくれるので、非常に新鮮で美味しい点も嬉しいところです。赤ちゃんに安全で美味しい水を飲ませてあげることができるのも、ウォーターサーバー選びの要素としてとても大事なことでしょう。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて