ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

海外の水道事情

日本でウォーターサーバーを買いたいとお考えの方は、水の衛生状態や放射能などに非常に敏感な方が多いかと思います。というのも、水の安全性を考えた際に世界を水準で考えた時、一般的に日本の水は安心して飲めるものであると言われているからです。しかし、日本の水道水は本当に安全なのかということを考えた際には、日本の水道水のコンテンツを参照していただくとご理解頂けるかと思いますが、塩素処理や水道管の問題もあり、一概に安全とは言い切れないものがあります。

実際、海外旅行などで日本以外の水を飲んだことがある方には分かるかもしれませんが、今の段階では日本の水は飲める方です。「海外のレストランの氷はそのままの水道水を凍らせてあるものだからお腹を壊してしまった」という話や、「ただ沸騰消毒しただけの水道水を飲ませてもらっても下してしまった」などの経験談もあります。(単に日本人に海外の硬水に対応できていなかった可能性もありますが。)言うまでもないですが、日本のように蛇口からでる水道水を飲んでいる外国人はまずいません。

ウォーターサーバー・浄水器の普及率

ウォーターサーバーの普及率を海外と比較してみると、アメリカでは約50%、日本はたったの5%です。また、アメリカの逆浸透膜の浄水器は70%程度普及しています。日本では普通の浄水器が20%から30%普及していますが、逆浸透膜の浄水器は10%も普及していません。逆浸透膜については下の項目で詳しく説明しますが、ウォーターサーバーだけでなく浄水器にしても、思ったより海外でも普及してないのでは?と思う方もいらっしゃいますが、飲み水としてはほぼ確実にミネラルウォーターなどの飲料水を買うそうです。

日本でも現在はたくさんの飲料水が見られるようになりましたね。駅などで通りすがりに見る社会人の方や大学生の方が、お茶やジュースだけではなくミネラルウォーターを購入する方が多く見えるようになりました。家ではおいしい水が飲めないということもあるのでしょうか、水への意識が高くなってきているということなのでしょう。

逆浸透膜とは

先ほど浄水器の普及率を紹介した際に、逆浸透膜を紹介しましたが、この逆浸透膜というものはNASAやオリンピック選手村での浄水システムとしても使用されています。天然水と逆浸透膜を売りにしているウォーターサーバーは数多くありますが、それぞれの特徴は是非RO水と天然水のコンテンツをご覧になって下さい。このシステムを用いたウォーターサーバーはクリクラ があります。さらに、天然水も逆浸透膜も用いたとても贅沢なウォーターサーバーもあり、主にアルピナウォーターハワイウォーター が挙げられます。特にアルピナウォーターは紹介しているウォーターサーバーの中でも圧倒的に安いですし、ハワイウォーターは海外の水ということもあり、放射能の心配も少ないので安心です。


もっとたくさんのウォーターサーバーと比較したいとお考えの方は、こちらもご覧頂くとより納得のいくお買い物になると思いますよ。

高まる水への危機感

ウォーターサーバーが日本に姿を現し始めたのは、主に病院や官公庁、企業のオフィスなど限られた場所だけでした。強いてあげれば、学校や図書館で多く見られる給水器くらいでしょうか。震災のこともあり、それほど日本の水への不信感は募りつつあります。今では、わざわざお金を出して「水」を買っている人も珍しくはありませんし、誰も疑問に思ったりしない時代になってきています。海外に比べればまだまだ意識は低いほうですし、そのまま飲むこともできるということも大変良いことではありますが、やはり毎日使うものですので気を配っていたいところではあると思いますね。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて