ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

日本の水道水は安全?

日本は数ある先進国の中でも、非常に水に恵まれた国であると言えるでしょう。蛇口を捻れば水がでてきて、手や顔を洗ったりしますし、実際に飲んだりしています。こういったことは海外旅行を経験された方なら身を持ってありがたみを感じるのではないでしょうか。


そうは言ってもやはり日本が有数の先進国であることに変わりはありません。工場からの産業廃棄物や排水、他にも農薬、生活排水など、環境破壊がニュースで大々的にピックアップされていますし、胸を張って「日本の水道水は安全で飲んでも人体に影響は無い」と言い切ることは難しいのではないでしょうか。東北大震災での放射能の心配をされる方もいらっしゃると思いますが、普段私達が何気なく飲んでいる水は本当に安全なのか見てみましょう。

日本の水道水が飲める理由

そもそもこれほど環境汚染が叫ばれている中で、どうして蛇口から出てくる水道水を飲むことができるのでしょうか。それは、水道法による厳しい制限と管理のおかげです。私たちが飲む水には、塩素による殺菌が施されており、飲んでも健康を著しくは損なわないようできています。また塩素処理を施した水には、水道法により残留塩素量が定められており、一定値の塩素が水道水に含まれています。この残留塩素は細菌の再繁殖を防ぐために水道水には必要不可欠な物なのですが、これが健康には良くないと言われています。水道水と残留塩素の中には独特な臭いを持つカルキと言われる塩素とアンモニア窒素が結合した物質含まれており、地方の方は特に感じるそうです。


しかし近年の激しい環境破壊により、この殺菌の際に使用される塩素の量が増加し、人体に大きく影響を与えるのではないかと言われています。塩素処理にはカルキ臭の他に、発ガン物質の「トリハロメタン」も副産物として生成されます。これらは塩素処理の濃度が高まるほどに強まっていきます。


水道水だけでなく、水道管の鉛も人体に影響を与えるのではないかと言われています。水道法により、水道管に鉛の使用は禁止されています。しかし、まだ全ての水道管の鉛の交換を終了するには至っておらず、鉛の水道管を使用している区域もあります。鉛は水に解けやすく、体内に残りやすいです。鉛が体内に残れば、不眠や頭痛・疲労感・消化管障害など、様々な悪状況に陥ってしまいます。

より安全な水を

もちろんカルキ臭やトリハロメタンを取り除く方法はあります。カルキ臭は水道水を二時間から三時間汲み置きしておけばほとんどの臭みが抜けます。トリハロメタンには三つ程除去する方法があり、一つ目はオゾン殺菌、二つ目は二十分程度の煮沸消毒、三つ目は浄水器の使用です。オゾン殺菌は特別な施設や器具が必要なので一般の方ではまずできませんが、二つ目の煮沸消毒はできます。ただ注意して頂きたい点があり、それはトリハロメタンは沸騰状態では繁殖してしまうということです。従って三分程度の煮沸では逆にトリハロメタンが活性化してしまうだけで、逆に危険ですので注意して下さい。これらの作業によって危険性は下がりますが、手間もかかりますし確実な殺菌効果が得られるとは必ずしも言えません。


最も手軽で安全なのはウォーターサーバーで除菌が施された水を飲むことです。また大抵のウォーターサーバーは軟水を用いており、日本人の口に最も合うと言われています。これらの中でも最も硬度が低く、海外産の水を用いた安心のウォーターサーバーは「ハワイウォーター」です。先ほどの二つ目の煮沸消毒を二十分行うという方法がありましたが、実際に水を加熱して殺菌処理を行ってしまうと、水分中の酸素や炭素ガス等が失われ、水本来の安心が損なわれてしまいます。しかしハワイウォーターならば非加熱殺菌ですので、そのままの水のおいしさを楽しむことができます。毎日を安全で安心の生活にするためにも、是非ウォーターサーバーを利用してみてはどうでしょうか。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて