ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

新型・旧型ボトルで比較するウォーターサーバーの年間ランニングコスト

ウォーターサーバーの水は、ボトルに入って配達されます。ボトルには大きく分けて2種類あり、一つは新型のワンウェイボトル、もう一つは旧型のガロンボトルです。それぞれの詳しい特徴はこちらのコンテンツ「安全性で比較する新型・旧型ボトル」をご覧下さい。当コンテンツでは、新型のワンウェイボトルと旧型のガロンボトルを分けて、年間ランニングコストを比較しました。


端的に双方を比較すれば、新型のワンウェイボトルは少し高いけど安心、旧型のガロンボトルは安い反面衛生面が少し気になる、といったところです。というのも、ワンウェイボトルは一回水を飲みきるごとにボトルを使い切るので毎回新品のボトルが届きますが、ガロンボトルは使い終わったボトルを回収・再利用するので、「本当に安全なの?」と不安になる方もたまにいらっしゃるようです。実際問題としてガロンボトルを使用している方が特別珍しいと言うこともありませんし、「気持ちの問題」と言えばそこまでかも知れませんね。他には、ワンウェイボトルは捨てられるから場所をとらないというメリット、ガロンボトルは回収されるまで家に保管しておかなければならず、家のスペースを圧迫するというデメリットもあります。ただ、最も安いガロンボトルと最も高いワンウェイボトルの差額は2万円強にも及びますから、ライフスタイルに合わせたウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。


ワンウェイボトルのウォーターサーバーの中でも、最も年間ランニングコストを抑えることができるのはコスモウォーターです。1Lあたりの水の価格で比較すれば富士の湧水のほうが安いのですが、水の価格レンタル料メンテナンス料を総合して比較すれば、コスモウォーターの方が安くなります。また、コスモウォーターは注文後に最短で翌日にはサーバーとお水をご自宅までお届けすることができるので、今すぐにでも欲しいと言う方もおすすめです。即納のウォーターサーバーが欲しいという方は、BLUEウォーターという選択肢もありますよ。各ウォーターサーバーの設置期間・納期に関して知りたい方はこちらをご覧下さい。 →コスモウォーターの公式ページへ


ガロンボトルの中で最も年間のランニングコストを抑えることができるウォーターサーバーはアルピナウォーターです。月々にレンタル料金が発生しますが、アルピナウォーターの水の価格が圧倒的に安いので、水を買えば買うほど他社との価格の差は開きますし、一年というスパンで見ればなおさらのことです。また、水の購入量にノルマも発生しないので、お水を大量消費されるご家族にも、一人暮らしの方にもお勧めですよ。 →アルピナウォーターの公式ページへ

ボトルで比較するウォーターサーバーの年間ランニングコスト一覧

ウォーターサーバー 年間ランニングコスト ボトルのタイプ 公式ページ
コスモウォーター 75,504 ワンウェイ方式
ドリームウォーター 75,504 ワンウェイ方式
ワンウェイウォーター 75,504 ワンウェイ方式
オーケンウォーター 75,504 ワンウェイ方式
オアシス 75,504 ワンウェイ方式
アクアリズム 75,504 ワンウェイ方式
恵ウォーター 75,504 ワンウェイ方式
BLUEウォーター 76,368 ワンウェイ方式
クリティア 78,912 ワンウェイ方式
富士の湧水 79,056 ワンウェイ方式
リロウォーター 80,256 ワンウェイ方式
DMM.水 83,280 ワンウェイ方式
アルピナウォーター 55,056 ボトル方式
クリクラ 62,610 ボトル方式
アクアセレクト 66,360 ボトル方式
ハワイウォーター 69,312 ボトル方式
アクアクララ 81,192 ボトル方式
おいしい水の宅配便 57,456 ボトル方式

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて