ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

一日に必要な水の量

一日にどれくらいの水を飲めば体に良いのでしょうか?

成人が必要な量として目安になるのが体重1キロあたり50mlとなっています。

体重が40kgの場合、40kg×50mlで2000ml=2リットル。実際に飲んだり食べたりして摂取しなければなりません。

1日の活動を通して汗や尿から2リットル以上の水分が失われていくのでほぼ同量の水を1日を通してこまめに補給することが大切です。このうち、汁物や果物などの食事から摂る水分がだいたい1000mlなので、残り1リットル前後を飲料水としてとるようにしたほうがよいのです。

人間の体は60%が水分ででいきていて、摂取・循環・排泄を繰り返し体温の維持や消化活動など生命維持に関わっています。代謝水として失われていく分を食事や飲み水として摂るようにしたいものです。

せっかくウォーターサーバーを使うなら、汁物や炊飯などの料理にもおいしい水を使って生活したいものですよね。また、最近では暑さの影響で学校に水筒を持参して登校する生徒も多いようです。

1日に摂りたい水分、お料理に使う水、スポーツや学校に必要になる水、それぞれを大まかに計算すると、ご家庭ごとに1週間あたり必要になる水の量が分かると思うので、電気代やメンテナンス料、レンタル料も含めて1ケ月のコストが分かりますね。総コストの比較は是非こちらのウォーターサーバーのコスト一覧をご覧ください。

水を飲むタイミング

1日に約1~2リットルの水を飲むよう心がけたいものですが、効果的に飲むにはどうしたらよいでしょうか?

もちろん、食事の際にも水分を取りますが、その他に朝目覚めの1杯、昼食前、午後3時、入浴前後、寝る前にコップ1杯200mlの水をこまめに飲むのが効果的です。

この他、3回の食事の時に1杯ずつ飲めば、1日約1.8リットルの水分が摂れます。ご自身のライフスタイルに合わせて調整し、水を飲むタイミングを意識するとこまめに摂れるようになるかもしれませんね。

のどが渇いているときに一気にたくさんの水を飲むとお腹の調子が悪くなることがありますが、胃に負担をかけてしまい消化不良を引き起こすこともあります。適度な量でのどの渇きを潤したいものです。ウォーターサーバーが身近にあれば、わざわざ冷蔵庫を開けなくても「お水1杯」がすぐに飲めるのでこまめな水分補給にもってこいですね。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて