ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

ウォーターサーバーで料理

あなたは料理をする際にどんなことに気を使っていますか?もちろん食材には気を使いますよね。無添加であったり国産であったり、信用できるお店から仕入れた物であるかどうかと、最高の料理への道は険しいです。食材に増して調味料にも気を使いますよね。調味料それ自体の質にはもちろん注意しますし、調味量の配分や入れるタイミングや煮込む時間などなど・・・。

そういった美味しい料理を作る過程で是非とも考えて欲しい事があります。それは、「どのような水を使うか」と言う事です。恐らくほとんどの方が「軟水」や「硬水」と言った区別の仕方を知っていると思います。厳密に分ければ「中硬水」などと細かく分けることも可能ですが、大まかに軟水と硬水について触れていきたいと思います。

軟水と硬水

水を軟水と硬水に分別する際に決め手となるのはその水の硬度であり、主にマグネシウムとカルシウムの含有量によって決まります。私達が普段口にしている日本の水は軟水です。沖縄など、日本の一部では硬水を飲むこともできますが、基本的には硬水はヨーロッパで口にすることができます。

一般的に日本人の口には軟水が合うと言われています。また、硬度の高い水はマグネシウムやカルシウムだけでなくミネラルを多く含んでいるので、赤ちゃんが飲む場合は身体に大きな負担となってしまいます。粉ミルクの溶解率も軟水の方が高いので、健康という視点でも作りやすさという点でも軟水の方が適しています。

軟水を使った日本人向けの料理

先ほど日本人には軟水の方が口に合うと書きました。軟水の特徴は全般的に和食に合う点ですが、その理由は食材の風味や香りを最大限に引き立てることができるからです。それだけでなく、うまみ成分のグルタミン酸やイノシン酸が軟水によって抽出されやすくなることがわかっています。実際にどのような料理・食材に軟水が向くのかといえば、昆布や鰹節、しいたけなど出汁を取ったり、香りを楽しむ料理に向いています。また、緑茶や紅茶は特に軟水が向いていますが、逆に水の硬度が高くなるほど旨みも香りも失われてしまいます。

日本人が良く食べる料理の中でも特に軟水を使って頂きたい料理は「お米」です。軟水を使ってお米を研いで炊くことによって、ふっくらとして粘り気のあるご飯に炊き上がります。お米を炊く際に硬水を使ってしまいますと、硬水に含まれるカルシウムが食物繊維を硬化させ、お米の粘り気が失われパサパサになってしまいます。


おいしい料理を作る際にはもちろん食材や調味料にも気を配って頂きたいですが、それ以上に「水を選ぶこと」の大切さを是非知って頂きたいと思います。日本人が食べる和食にはやはり軟水が合います。数ある軟水の中でも特にオススメしたいのは、ウォーターサーバーの中でも最も硬度の低い「ハワイウォーター」です。他にも硬度の低い軟水として「アルピナウォーター」や「おいしい水の宅配便」などがあります。一番最初に挙げたハワイウォーターは非加熱殺菌です。大抵の水は加熱による殺菌で水本来の美味しさを失ってしまっている物も少なくないですが、ハワイウォーターは加熱を加えていないのでとても美味しく、安心して飲める軟水です。是非一度料理にもお使いになってみて下さい。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて