ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

安全性で比較する新型・旧型ボトル

ウォーターサーバーには新型のワンウェイ方式と旧型のボトル方式の2種類があり、最近では衛生面から新型のワンウェイ方式を扱うウォーターサーバーが増えています。

新型・旧型ボトルのそれぞれの年間ランニングコストを比較したいと言う方は、是非こちらのコンテンツをご覧下さい→新型・旧型ボトルで比較するウォーターサーバの年間ランニングコスト

ここでは、ワンウェイ方式とボトル方式の特徴をそれぞれ紹介していきます。

新型のワンウェイ方式のウォーターサーバー

毎回ボトルは使い捨て、水を入れる際もタンクに空気の入らないワンウェイ方式のウォーターサーバー。

ワンウェイ方式でしたらコスモウォーターがお勧めです。最近では震災の影響で放射能の心配をされる方もいらっしゃるかと思いますが、コスモウォーターなら日田の水(大分県産)を購入できるので安心です。日田以外にも京都・富士の水も選べるので、気分で変えてみるのも良いですよ。

衛生面を考えれば、ボトル形式より安心出来るほか、使い終わったボトルは小さくつぶすことができるので、ガロンボトルに比べ場所を取らないのも大きなメリットになります。

少し高くてもいいから衛生面を重視したい人はワンウェイ方式、費用をなるべく抑えたい人はボトル方式を選ぶのがいいでしょう。

旧型のボトル方式のウォーターサーバー


参考画像:アクアクララ

従来のウォーターサーバーはすべてガロンボトルでした。

メリットとしては、ワンウェイ方式を採用しているウォーターサーバーに比べ水の価格が低くなっています。そのおかげもあって、アルピナウォーターの水の価格は83円と圧倒的に安いです。他のウォーターサーバーと比較することでこの83円という安さがより分かりやすくなると思いますので、是非こちらのコンテンツもご覧になって下さい。→水の価格

ボトル方式の場合、殺菌洗浄をして使いまわす事、水を出す際に空気がボトルの中に入るため、雑菌がタンクの中に入る可能性がある事から現在では減りつつありますが、半分ぐらいのウォーターサーバーはまだこのタイプを採用しています。

ウォーターサーバーボトルの方式一覧

ウォーターサーバー 1Lあたりの水の価格 ボトルのタイプ 詳細
コスモウォーター 140円/L ワンウェイ方式
富士の湧水 133円/L ワンウェイ方式
クリティア 141円/L ワンウェイ方式
ドリームウォーター 140円/L ワンウェイ方式
ワンウェイウォーター 140円/L ワンウェイ方式
オーケンウォーター 140円/L ワンウェイ方式
オアシス 140円/L ワンウェイ方式
アクアリズム 140円/L ワンウェイ方式
恵ウォーター 140円/L ワンウェイ方式
BLUEウォーター 149円/L ワンウェイ方式
リロウォーター 158円/L ワンウェイ方式
DMM.水 165円/L ワンウェイ方式
アルピナウォーター 83円/L ボトル方式
おいしい水の宅配便 83円/L ボトル方式
アクアセレクト 105円/L ボトル方式
クリクラ 105円/L ボトル方式
ハワイウォーター 116円/L ボトル方式
アクアクララ 131円/L ボトル方式

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて