ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

ウォーターサーバーは赤ちゃんでも飲める?

ミネラルウォーターは赤ちゃんにはよくないと一般的に言われていることから、ウォーターサーバーはあかちゃんにはよくないのではないか?と言われる事が多いのですが、誤解をされている方も多いので、ここでは赤ちゃんが飲んでいい水、悪い水の違いを説明したいと思います。

赤ちゃんが飲んでいい水、悪い水の違いとは?

ミネラルウォーターはその名前の通り、ミネラル(カルシウムやマグネシウム等)を含んだ水の事を呼び、ミネラルの含有量によって「軟水」「硬水」と名称が変わります。

この硬度が高くなれば高くなるほどミネラルを多く含む水は、健康やダイエットにいいと言われている反面、赤ちゃんや小さな子供はミネラルが体の負担になってしまうため、硬度が高い水はよくないという事です。

ですので、ミネラルウォーターがすべていけないのではなく、硬度が高い水が赤ちゃんによくないという事なので、ミネラルウォーターでも硬度が低い物は赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。

どれぐらいの硬度ならミルクにも使えるのか?

ここでは粉ミルク大手の明治乳業のHPからの引用を元にご説明していきます。

弊社粉ミルクは、国内の水道水で溶いた時に母乳にできるだけ近くなるようにつくられており、それだけで赤ちゃんの成長に必要なミネラルは十分摂取できるように設計されております。

水道水が使用できない場合はカルシウム、マグネシウム等の無機塩類(ミネラル)の少ない市販水をお選びください。

pH及び無機塩類(ミネラル)の推奨値※

pH 6~8
Mg(マグネシウム) 30mg/L以下
Na(ナトリウム) 42mg/L以下
Ca(カルシウム) 285mg/L以下
K(カリウム) 367mg/L以下

※無機塩類(ミネラル)が分からない場合については、以下の目安を参考にお選びください。

硬度 (目安) 120以下(できれば60以下)

明治乳業のHPから引用

上記のように推奨値が出ています。

ウォーターサーバーの場合、pH及び無機塩類の詳細が記載されていないものが多いので、硬度の部分(120以下、できれば60以下)で見ていきます。

ちなみに日本の水道水は地域によって硬度が多少異なりますが、40~80と言われています。

そして下記がウォーターサーバーの硬度一覧です。

ウォーターサーバー 硬度 水の種類 採水地 詳細
アルピナウォーター 1.05 天然水 北アルプス
ハワイウォーター 1.05 天然水 ハワイ
おいしい水の宅配便 1.05 天然水 北アルプス
クリティア 25 天然水 富士山の天然水
アクアクララ 29.7 RO水 全国
コスモウォーター 30 天然水 九州・京都・富士
ドリームウォーター 30 天然水 九州・京都・富士
ワンウェイウォーター 30 天然水 九州・京都・富士
オーケンウォーター 30 天然水 九州・京都・富士
オアシス 30 天然水 九州・京都・富士
アクアリズム 30 天然水 九州・京都・富士
恵ウォーター 30 天然水 九州・京都・富士
アクアセレクト 30 天然水 三重県大台ケ原
クリクラ 30 RO水 全国

このように、どのウォーターサーバーも硬度は30以下で水道水よりも軟水なので、逆に赤ちゃんのミルクに適していると言えます。

中でもアルピナウォーターハワイウォーターの硬度が圧倒的に低いのは一目瞭然ですよね。アルピナウォーターもハワイウォーターも、天然水をベースに逆浸透膜を用いて精製されたRO水ですので、非常に純度が高くて美味しく、かつ安全な水です。

赤ちゃんに安全な水を

震災や福島の原発問題が起こる前も赤ちゃんのミルクに安心して使えるからという理由でウォーターサーバーを契約する方は多くいらっしゃいました。

日本の水は安全とは言え、塩素消毒など少なからず赤ちゃんによくない物質は混ざっていますし、今回の原発問題で、いつ基準値を超える放射性物質が出るか分かりません。基準値を超えなくても、通常の何倍かの放射性物質は含まれているのが現状です。

赤ちゃんや小さなお子様のいらっしゃる方はこの機会にウォーターサーバーを導入して安全な水を確保しましょう。

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて