ウォーターサーバー比較ランキングTOP > 

ウォーターサーバーを比較する9つのチェック項目

ウォーターサーバーの総コスト

メンテナンスは無料だけど肝心の水は高かった・・・そういったごちゃごちゃした悩みを、総コスト一覧でコストを一気に比較しましょう!
水の価格・送料・メンテナンス料金を総合して最も低コストとなるウォーターサーバーはアルピナウォーターです。
アルピナウォーターの公式ページへ

ウォーターサーバーの水の種類

天然水やRO水、硬水や軟水など、水にはたくさんの種類があります。そもそも天然水とかRO水って何?という方から、○○の水が欲しい!という方までご案内します。
赤ちゃんにも飲ませられる安全な水が欲しい!と言う方は、水の硬度が1.05という超軟水のアルピナウォーターハワイウォーターがお勧めです。ハワイウォーターでしたら、採水地がハワイなのでさらに安全ですよ。

ウォーターサーバーのデザイン

ウォーターサーバーはとても大きな物ですので、お部屋のインテリアとしての影響力も持っています。あなたの家にあったウォーターサーバーを探しましょう。
総コストや水の種類の比較ももちろん大切ですが、そういった実質的な部分にこだわり過ぎず、おしゃれという面でウォーターサーバー選ぶと、ただウォーターサーバーがあるよりも一層生活にゆとりが生まれますよ。

ウォーターサーバーの水源・採水地

採水地によっても水の安全性は異なってきます。震災以後、西日本の水を求める方は増えていますが、それでも心配な方は思い切って海外の水・ハワイウォーターを注文してみてはいかがでしょうか。
日本の水道水は国際的に見ても非常に安全性の高い物と言われて来ましたが、今回の大震災でその信頼性も動揺しています。「ハワイウォーターみたいな海外の水なんて大袈裟じゃないですか?」そう言われる時代も、終わりを迎える時が来るかも知れませんね。
ハワイウォーターの公式ページへ

ウォーターサーバーの購入量ノルマ

毎月買わなければならない水の量を決めているウォーターサーバーもあります。特に一人暮らしの方にチェックして頂きたいポイントです。もちろんノルマのないウォーターサーバーもあるので、自分のキャパシティーとよく相談しましょう。
大家族や水をよく飲まれる方は心配ありませんが、ノルマがあるのに普段それ程水を消費しない方は、毎月水のボトルが家に積み上げられてしまう恐れがあります。総コストが最も安いアルピナウォーターや、水源が海外で安全性No.1と言われるハワイウォーターにはノルマがありませんよ。

ウォーターサーバーの宅配エリア

自宅が水の宅配エリアに含まれているか確認しておきましょう。特に関東圏以外にお住まいの方は、選べるウォーターサーバーが限定されてくるので注意が必要です。
ウォーターサーバーの配達がまったくない地域はありませんが、北海道や沖縄に御住まいの方は別途に水の配達料金を請求されることもあるので気をつけましょう。アクアクララでしたら、全国都道府県どこでも無料配達が可能ですよ。
アクアクララの公式ページへ

ウォーターサーバーの土日配送

水の配達の曜日や時間を指定できるウォーターサーバーはそれほど多くないのが現状です。家に居ないことが多い人や、出張が多い人は要チェックの項目です。
土日配送・時間指定・曜日指定すべて可能なウォーターサーバーはクリティアだけです。これらができるクリティアとできないウォーターサーバーでは、意外と違ってきますよ。
クリティアの公式ページへ

ウォーターサーバーの設置期間

翌日に設置できるウォーターサーバーから、設置に2~3週間かかるウォーターサーバーまであります。長く付き合っていくものですので、コスト面や水の種類なども忘れずに比較しましょう。
最短翌日・最長でも1週間で設置できるウォーターサーバーはコスモウォーターです。震災直後は水を注文しても中々届かないことがありましたが、現在はそのような問題はありません。
コスモウォーターの公式ページへ

ウォーターサーバーの新型ボトルと旧型ボトル

水の容器によっても、水の安全性は変わります。衛生面が心配な方は新型のワンウェイボトルを使いましょう。
旧型のガロンボトルは、何度もリサイクルして使うので業者にボトルを返すまで家に置いておかなければいけない点や、衛星面で問題が挙げられてきました。
しかし、新型のワンウェイボトルでしたら、小さく畳んで遣い捨てることができますし、ボトルを洗って再利用するようなこともないのでいつも安心して使うことができますよ。

「あなたにとって一番」のウォーターサーバー選びを

ウォーターサーバーが欲しいと思った方がまず感じることは、「ウォーターサーバーの種類は思いの外多い」ことではないでしょうか。水が安いウォーターサーバーや水の美味しいウォーターサーバー、サーバーのデザインがおしゃれなウォーターサーバーなど、様々な比べるポイントが挙がるのではないでしょうか。

ただ、一言に水が安いと言っても、ウォーターサーバー全体にかかるコストは水だけではありません。レンタル料金やメンテナンス料金、電気代、水の配達料金などたくさんありますし、美味しい水と言っても水にはたくさんの種類があり、好みもあります。

つまり、「ウォーターサーバーを選ぶ際にはいくつかの比較すべき要点がある」ということです。実際に水が自宅に届いてから気付くこともたくさんあると思いますが、そうした失敗しそうな点はしっかりとウォーターサーバーを比較することによって未然に防ぐことが可能です。

当コンテンツではウォーターサーバーの必ずチェックしておくべき項目や、ありがち・忘れがちな比較ポイントを9つにまとめました。しかし、残念ながら全ての項目において完璧なウォーターサーバーというものは存在しません。ですから、「自分の欲しいウォーターサーバーの理想像」を持ち、そのウォーターサーバーと理想のウォーターサーバー像は合致しているかということを常に念頭に置きながらウォーターサーバーを選びましょう。

どんなウォーターサーバーが良いか、自分の理想像が上手く思い描けない方、初めてで右も左もわからないと言う方は、こちらのコンテンツも参考にご覧下さい。→一番良いウォーターサーバーは?

ウォーターサーバー人気コンテンツ

今月のおすすめウォーターサーバー

■コスモウォーター
■クリティア

ウォーターサーバー比較コンテンツ

ウォーターサーバーについて